絶対に行っておきたい風俗

本当は風俗にはいつでも行きたいですよ

本音を言えば風俗にはいつでも行きたいって気持ちがありますけど、現実的には予算とかいろいろな兼ね合いがあるじゃないですか。そうなると、やっぱりある程度は我慢も必要です。でも、その我慢が風俗での時間をより爆発させてくれる側面があるのも一つの事実なんですよね。だから風俗を楽しむ時にはそれまでの思いも一気に吐き出すかのように楽しむことが出来るのも一つの事実なんです。だから遊びたいだけ遊ぶのではなくて、ある程度自分の気持ちを溜め込むこともまた、それなりに有効な手段ってことなのかなって思うようになりましたね(笑)そう考えられるようになった自分も少しは大人になってきたってことなのかもしれません。前はどうしても遊びたいけど思うように遊べないってことでイライラしてしまう時もありましたけど、今ではそういったこともなく、自分の好きなように楽しむことが出来ることを考えると、やっぱり嬉しいなって思う自分もいますしね。

悲喜交々というよりは…

しばし風俗には「悲喜交々」という言葉が使われますけど、それも今は昔の話なんじゃないかなって思いますけどね。というのも、今は風俗に関しても事前にしっかりと情報をチェック出来るじゃないですか。今風に言うなら、足を運ぶ前の段階でファクトチェックが出来るんです。噂とか都市伝説じゃなく、お店のホームページという信憑性の高い物があるので、それを見ればいいだけなんです。しかもそこには在籍している女の子も掲載されていますので、女の子のことが分からないってこともあり得ないじゃないですか。昔はお店に行って指名してみるまでどんな女の子になるのか分からない時代だったので、ご対面してから悲喜交々…って展開になるのも分からない話ではありませんでしたけど、今では事前に調べることが出来る以上、残念だなって思うこともそこまで多くはないんじゃないかなって思いますよ。むしろ調べられる以上、常に楽しさだけがまっているんじゃないかなって思いますし。